2021年の年末

今年も暮れようとしている。12月にはいるとすぐにクリスマス、そしてお正月。本当に早いものだ。今年は昨年に引き続きコロナ2年目。予想されていたとはいえ、こんなに影響が長く続くものとは思っていなかった。次々に変異株が現れて、… 続きを読む 2021年の年末

年賀状

もうすぐクリスマス。あと10日で新年となる。例年通り今年も年賀状を準備している。昨年まで使っていた郵政省の年賀状ソフトの住所録(無料)が使えなくなってしまったので、市販の安価なソフトを購入し、エクセルで吐き出したファイル… 続きを読む 年賀状

断捨離

三男が結婚して家を出たので彼が残して行ったものを少しずつ断捨離している。いらない服は大量に捨て、リサイクルに出したし、録画したDVDは過去の名作ものでまず絶対に見ない類のものだったので大半捨てた。 問題は書籍で、とにかく… 続きを読む 断捨離

2021年のメサイア

今年のメサイアは昨年に引き続きお客様をお迎えしての公演は行わず、規模を縮小した上で、杉並公会堂で収録した動画を12月19日に配信で行うことになった。日本では感染者が減ってきたが、メサイアは聖歌隊がフルパワーで歌うので換気… 続きを読む 2021年のメサイア

投稿日:
カテゴリー: ブログ

come come everybody

NHKの朝ドラは大体始まって2週間くらい経ってから習慣的に観だすことが多い。前作の感動をなんとなく引きずっていて、新しい物語に素直に入れないためだ。ただ、半分「ながら見」で始まっても結局はどっぷりとつかって見てしまう。 … 続きを読む come come everybody

芥川の蜘蛛の糸

鎌倉文学館ではたくさん芥川龍之介の自筆原稿が展示されていた。有名な蜘蛛の糸もあったが、蜘蛛の糸は児童文学として出版されていたのを始めて知った。原稿は少し赤字が入ったものだったが、「そこでかんだた(原文は漢字)は大きな声を… 続きを読む 芥川の蜘蛛の糸

鎌倉文学館へ

今日は1年以上ぶりに鎌倉へ。以前一度入ろうとしたが休館か何かで中に入れなかった鎌倉文学館に行くためだ。椎間板ヘルニアがまだ十分に回復していないので、元気に歩くことはできないが、fbの友人からアドバイスがあった御成通りを歩… 続きを読む 鎌倉文学館へ

投稿日:
カテゴリー: 風景