原田マハ

原田マハの短編小説を読んだ。マチスのそばに仕えた女性の物語、「うつくしい墓」、アメリ人の女流画家メアリーカサットが見つめたドガと14歳の踊り子の彫刻作品のお話し、「エトワール」、セザンヌやゴッホなどを画材商として支えた「… 続きを読む 原田マハ

老猫トラの見守り

老猫トラの徘徊がひどくなってきた。階段を上ったりはできないのでひたすら平面的な移動だが、あちらこちらに頭を突っ込んだり飲み水として汲んである水の容器の中に足を突っ込んだりするので寝ていないときはずっと見てあげなければなら… 続きを読む 老猫トラの見守り

姫 A4サイズ

町田のバラ広場はオープンしたようだがリニューアルされて以前のような野性味あふれるバラ園ではなく小さな株中心の普通のバラ園になり、おまけに絵を描くような状況ではなさそうということで行くことをあきらめた。昨年同様、自宅に咲い… 続きを読む 姫 A4サイズ

年老いたトラ

ここにきて老猫トラの体力が急激に落ちてきた。食欲はまだかろうじてあるものの、足腰が弱くなり、階段を上がったり、ソファーやベッドに登ることがきつくなってきた。目もだいぶかすんでいる。とにかくじっとそばにいて、異変が起こらな… 続きを読む 年老いたトラ

小さな家庭菜園

コロナ禍でリモートワークができるようになったので地方への移住者が増えているようだ。東京近郊でいうと群馬や栃木、そしてすぐお隣の山梨。その気になれば東京まで車で2時間ちょっとという立地の良さも人気の秘密らしい。東京に家を持… 続きを読む 小さな家庭菜園

姫の肖像

ライブドアのブログを振り返るとちょうど去年の今頃、姫が3度目の脱走をしていた。彼女は過去4回脱走したが、3度目の脱走の時が約2週間なので一番長かった。 とは言っても1度目の脱走の時は真冬であり、初めての経験なのでこちらも… 続きを読む 姫の肖像

ワクチン接種

自衛隊をかり出しての大規模ワクチン接種が始まる。東京都と大阪で一日4~5万人規模だというが、かなり焼け石に水状態。もちろん接種をしてくださる人のご努力に感謝はしなければならないが、あまりにペースが遅い。多くの自治体ではま… 続きを読む ワクチン接種

白いバラ 

昨日の雨とはうって変わって今日はまるで夏のような暑さ。町田のバラ広場が開いていると聞いたので行きたいと思ったが、片道2時間、往復で4時間かかってしまうので暑さとコロナの状況を考えて思いとどまった。代わりに自宅の白いバラを… 続きを読む 白いバラ 

臨時休館ばかり

新型コロナウィルスの緊急事態宣言の延長を受けて東京にある国立の美術館や博物館、名著名な美術館は軒並み臨時休館になった。文部科学大臣は美術館での鑑賞は静かに作品に向き合って見るものだし、しっかりと感染予防対策をしていれば大… 続きを読む 臨時休館ばかり

ピカソ

スペインの画家パブロ・ピカソは世界の美術史の中でも稀有な天才だと思う。絵のことをあまり知らない人でもピカソの絵は見たことがあるだろう。第二次世界大戦に際してナチスドイツがスペインのゲルニカを爆撃したことを非難する巨大な作… 続きを読む ピカソ