葡萄 F12号 板絵

板のキャンバスをfbの友人からいただいたので地塗りをしっかり施したのち、描いてみた。地塗りはいつものようにチタニウムホワイトとイエローオーカー。イエローオーカーは上に置く色彩に温かみを加える。

最近、厚紙(段ボール)にばかり描いていたのでこの時期なかなか絵の具が乾かないのが気にはなるが、発色は良いようだ。キャンバスと違って筆をおいたときの柔らかさはないが、逆に強い筆触でぐいぐい色を置いていくには向いている。

キャンバスが普及する前には西洋絵画は板絵に描かれていた。ポプラなどの一枚板が使われることが多かったと思うが、どうしても反ってしまう問題はあったと思う。現在、画材店においてある板絵のキャンバスは合板だ。縦目と横目が張りあわされているので反りには強いと思う。趣はないが・・・。

葡萄 F12号 板絵

作成者: mark

生命感あふれる油彩画の制作をめざしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です