老猫トラの見守り

老猫トラの徘徊がひどくなってきた。階段を上ったりはできないのでひたすら平面的な移動だが、あちらこちらに頭を突っ込んだり飲み水として汲んである水の容器の中に足を突っ込んだりするので寝ていないときはずっと見てあげなければならない。朝だけは食べるが、昼間は与えてもあまり食べない。

冷蔵庫の前が少し暖かな風が来るので居心地がよいらしくひとしきり歩くとその場所に戻る。トラの晩年を心穏やかに過ごさせてあげることが大切だ。コロナ禍でどこにも行けない現状が良いのかもしれない。

庭の花 A4サイズ

作成者: mark

生命感あふれる油彩画の制作をめざしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です