洋梨と葡萄

洋梨の形は面白い。単純な球体ではなく、アクセントとしての二重の膨らみがあるので古くから絵画のモチーフとして好まれてきたと思う。季節的には今の時期が旬だと思うが、より小さな球体の葡萄と組み合わせて描くとリズミカルになり面白いと思った。色彩は三原色とそれらをつなぎ合わせる色彩としての白をうまく使いたい。風景を描きに行けないので自宅での静物画が中心となるがそれはそれで対象に夢中になれるならそれでよい。

今日は午前中、荻窪にある整形外科に行き、右足の痺れのリハビリを行った。なかなか完治しないが、痺れは少しとれてきているように思う。手術はしたくない。

作成者: mark

生命感あふれる油彩画の制作をめざしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です