好きな山②

北アルプスで最も奥まった山の一つとして黒部五郎岳を挙げたが、反対に南アルプスで最も里に近い山の一つが甲斐駒ヶ岳だ。中央高速やJRの中央線の車窓からずっと見えているので人々にとても親しまれている山だと思う。

里山に近いのに荒々しく男性的な山容を持っているところも貴重。絵を描くスポットはたくさんあるのでいつも最適な場所を探している。

この絵は七里岩ライン上で日野春に近い場所で描いたもの。2019年の晩秋の頃だったと思う。雪がついて山容に変化があったのでホドラーの山の絵を想像しながら描いた。

作成者: mark

生命感あふれる油彩画の制作をめざしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です