黒薩摩の花瓶

亡くなった義父はとても器用な人だった。営林所長を退職されてからは鹿児島市内で電気屋を開いた。はんだごてなどを駆使して自分で修理できる人で、頼まれると何でもやってしまういわゆる町の電気屋さんになった。商売っ気はほとんどなか… 続きを読む 黒薩摩の花瓶

近況②

コロナ禍になって3年になろうとしているが、こんどこそ出口が少し見えてきたような気もする。何度も裏切られているので安心はできないが、季節性インフルエンザと同じ扱いになるようだし、春以降は屋内でマスクをしなくても良いようにな… 続きを読む 近況②

近況

ブログの更新がないので「体調は大丈夫か?」と先輩にいらぬご心配をおかけしてしまった。fbやインスタグラムにはぼちぼちと絵を出していたが、ブログしか見ていない方に対しては音信不通になってしまう。ブログもやはり最低週に1度く… 続きを読む 近況

西荻窪

先週、みやこしあきこさんという素晴らしい絵本作家の個展に行くために西荻窪を訪れた。みやこしさんのことはまた別途紹介したいが、個展会場に行く途中に街の時計修理屋さんを発見して立ち寄った。もう20年は使っている時計のベルトの… 続きを読む 西荻窪

投稿日:
カテゴリー: ブログ

友人の死

今日は現役時代に宣伝の仕事で大変お世話になった元電通のアートディレクターの友人Kさんが亡くなったことを知った。4日前に肺癌で亡くなったことを娘さんがfbの本人のページに書きこんでくださったのだ。多くの方が思い出を寄せてお… 続きを読む 友人の死

投稿日:
カテゴリー: ブログ

ゴッホの素描

ゴッホの絵の魅力の一つは絵の骨格の頑丈さだと思う。本格的に絵を描きだした10年で確かな物の見方を獲得し、それをキャンバスの上に表現する技術も獲得した。油彩画はもちろん、沢山描いた素描も魅力たっぷり。 竹ペンを使ったと思う… 続きを読む ゴッホの素描

リース作り

アドベントを前にした先週土曜日、毎年恒例の教会でのリース作りをした。材料となるヒバの生枝はその年の天候次第でたくさん採れるときとそうでもない年があるが、今年は何とか十分な量を確保できた。 ヒバの量は45Lのごみ袋に6つ。… 続きを読む リース作り

アーティゾン美術館

東京駅八重洲口から歩いて8分ほどの場所にあるにあるアーティゾン美術館。かつてはブリジストン美術館の名前で長く親しまれてきた。石橋財団の美術館であり、上野の西洋美術館や竹橋の近代美術館と並んで国内屈指の美術館だと思う。西洋… 続きを読む アーティゾン美術館